マツダイケイバ!

競馬初心者の方に競馬をもっと楽しむ競馬術をお届けします!

馬券術

複雑な展開予想…たった3つのポイントを押さえたら出来る!!

更新日:

展開予想のやり方が分からない

展開予想って、どんな情報が要るの?

レース展開を予想で、お悩みではありませんか?

展開予想って、なかなかノウハウがなくて、分かりませんよね。

僕もそうでした!!

いざ展開を予想してみよう!と思っても、やり方が分からない…。

どんな資料が必要で、どんな事が大事なのか分からず、苦労しました。

そこで、オリジナルの展開予想法を編み出しました。

オリジナルでも、展開予想をしてみると、レース全体のイメージが掴めてきて、的中率が上がりました。

結果、馬券収支も上がってきたのです!!

そこで今回は、僕オリジナルの「展開予想のノウハウ」をご紹介します。

展開予想をすると、良い事が満載です。

展開予想をすると、収支も上がって来るでしょう!
展開予想をして、収支を上げていましょう!!

展開予想って?

疑問のイメージ画像

そもそも展開予想とは、何でしょうか?
なぜ展開予想が必要なのか…。

展開予想は「レース全体をイメージする」予想です。

レース全体がイメージ出来ると、勝ち馬がぼんやり見えてきます。
軸にすべき馬が見えてくるのです。

結果、馬券収支に繋がります。

展開予想は、競馬の予想に必要な「レースのイメージ」をしていく作業なのです。

展開予想のルール

チェックのイメージ画像

では、展開予想にはどんなルールがあるのでしょうか。

これは僕のオリジナルルールです。

こうしないとダメ!!

という感じではなく、あくまで「やり易くするルール」なので、参考程度にご覧ください。

ルール:脚質を細かく分類しよう

分類のイメージ画像

馬には得意な戦法があります。

大まかに分けると

・逃げ

・先行

・差し

・追込

です。

これをさらに細かく分けていきます。

・先行⇒「先前・先後」

・差し⇒「差前・差後」

と分けます。

こうすると、もっと展開予想がやり易くなります。

ルール:若い番号の馬から内側に書こう

番号のイメージ画像

馬番の若い順から内側に、書いていきましょう。

こうするとスタートからの位置取りが見えてきます。
展開予想がやり易くなります。

図を用意しよう!

図のイメージ画像

展開予想をする前に「図」を用意しましょう。

図はデジタルでも、アナログでも構いません。

図で書いておきたい事は

・レースの概要

・出走頭数

・馬番(デジタルの場合)

です。

図

図がある事で、展開が一目で分かります。

イメージをしやすくするための図です。

資料を用意しよう!

資料のイメージ画像

図の用意が出来たら、資料を用意しましょう。

資料とは「馬柱

競馬予想をする、馬柱があれば良いです。

僕のオススメするサイトだと、無料で馬柱が閲覧できます。

https://matsudaikeiba.com/2019/10/06/%e7%84%a1%e6%96%99%e3%81%a7%e7%a8%bc%e3%81%92%e3%82%8b%ef%bc%9f%e3%82%aa%e3%82%b9%e3%82%b9%e3%83%a1%e7%ab%b6%e9%a6%ac%e6%83%85%e5%a0%b1%e3%82%b5%e3%82%a4%e3%83%883%e9%81%b8/

図と馬柱が用意出来たら、展開予想開始です!!

前の馬から順に決めていこう!

前から順のイメージ画像

展開予想では、前の馬から決めていきます。
前が決まると、馬の位置取りがイメージしやすいからです。

逃げ馬から順に、決めていきましょう!

馬柱のココに注目!

注目のイメージ画像

用意した馬柱では、馬が出走した、過去レースの結果が載っているはずです。

そこにはどんな位置で競馬をしたのか、が載っています。

過去レースの位置取りを見ていくと、その馬がどの位置に居そうか、が見えてきます。

どんどん落とし込んでいこう!

馬柱から、位置取りが見えてきたら、どんどん図に落とし込んでいきましょう!

落とし込んでいる図

落とし込んでいる進行中の図、流れが分かるよう4分割くらいで…

1頭1頭を見ていき、位置取りを用意した図に、落とし込んでいきましょう

全ての馬を書き終えたら、道中の展開予想図の完成です!!

直線の位置取りをイメージしよう!

直線のイメージ画像

道中の流れが出来たら、直線の位置取りをイメージ図を作ってみましょう。

ここも、馬柱を見て、当てはめていけば出来ていきます。

直線の図

逃げ馬が直線に入ってきた、と、想定して、各馬の位置取りをイメージします。

直線でもイメージのポイントは

・逃げ馬のリードはどれくらいか

・追込馬は捲って来るのか

です。

この図だと、⑪の追込馬が、捲ってきているイメージですね!!

コースの形状や特徴によって変わってきます

コースの特徴とリンクさせよう

競馬場のイメージ画像

競馬場には、競馬場ごとの特徴があります。

直線が長いところもあれば、短いところもあったりと競馬場ごとに、形状が違います。

コースの特徴とリンクさせて、直線の位置取りをイメージしてみましょう。

ポイントは

・逃げ馬のリードはどれくらいか

・追込馬は捲って来るのか

です。

直線が長いと、追込馬はじっくり構えるかもしれません。
短いと、早めに捲って来るかもしれません。

馬柱の過去レースから馬ごとに、特徴を掴んでみて、当てはめていきましょう。

直線のイメージ図

直線のイメージ図が出来たら、展開予想図の完成です!!

展開から馬券をイメージしよう

イメージのイメージ画像

展開予想図が出来上がると、各馬の位置取りが見えてきます。

位置取りが見えてくると

何だか逃げ切れるかもしれない!

大外からの差しがコワいな…

など、勝ち馬や穴馬が見えてきませんか?

展開からイメージすると、それまで獲れなかった馬券が、獲れるようになってきます。

イメージしにくかった、レース全容が、ぼんやり見えてきます。

展開予想は、レースの予想に欠かせない、重要な資料になってくるはずです。

展開予想をすると、色々見えてくる!!

見えてくるイメージ画像

展開予想における、僕のノウハウを、ご理解いただけたでしょうか。
ざっくり、ぼんやり見えてきたら、それでOK!!

実際にご自分で展開予想をやられてみたら、きっと、競馬予想の世界が変わるでしょう。

それほどまでに展開予想は、重要な資料になり得るはずです。

展開予想は、レース全体をイメージする方法。
レースが見えてこないと、着順は見えてきません。

イメージを図に落とし込んで、脚質やコースの特長から考えていけば、きっと、それまで獲れなかった馬券が、獲れるようになるでしょう。

始めから上手く出来る人はいません。
やっていきながら、少しずつ上達していきます。

展開予想をして、馬券を獲りましょう!
そして、もっと競馬を楽しみましょう!!

-馬券術

Copyright© マツダイケイバ! , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.