マツダイケイバ!

競馬初心者の方に競馬をもっと楽しむ競馬術をお届け!!

スポンサーリンク

書籍紹介

藤岡佑介と11人の対談「JOCKEY×JOCKEY」。葛藤、秘話、友情…

投稿日:

あなたは「藤岡佑介」騎手をご存知ですか?

ライトな競馬ファンでも、ご存知の騎手でしょう。

1986年生まれで滋賀県は栗東市出身の藤岡佑介騎手。

2004年に騎手デビューし、35勝を挙げ、JRA賞最多勝利新人騎手を獲得。

2018年にケイアイノーテック号で、初GⅠ勝利を獲得しました。

そんな藤岡佑介騎手は、騎手界きっての「人たらし」。

周り騎手から、愛される存在なんだそう。

netkeiba.comで連載されていた「with佑」が、書籍化されています。

タイトルは「JOCKEY×JOCKEY」。

藤岡佑介騎手が、インタビュアーとなって、騎手と対談されています。

「JOCKEY×JOCKEY」では、他のインタビュー記事では見られない、騎手それぞれの人間性が垣間見えます。

読んだらきっと、もっと競馬が楽しくなる、そんな一冊「JOCKEY×JOCKEY」。

この記事では「JOCKEY×JOCKEY」の一部を引用しつつ、魅力をご紹介します。

天才「武豊」にあった、しんどい時期

競馬のイメージ画像

競馬界のスーパースター「武豊」騎手。

デビューから破格的なスゴさを発揮し、当時の新人勝利記録を樹立。

19歳で初GⅠ制覇、20歳で全国リーディング…。

日本、いや、世界が認める天才騎手です。

藤岡佑介騎手から見ても、天才だそうで、スランプやツライ時期がないように見えたそう。

しかし、武さんは、この「JOCKEY×JOCKEY」の中で

しんどい時期はありました。2011年、2012年あたりかな。

「JOCKEY×JOCKEY」16ページから引用

と、話しています。

2010年に落馬による大けがをした後の事だそう。

”手応えはあるのに伸びない”みたいな不思議な感覚だった。

「JOCKEY×JOCKEY」17ページから引用

と、騎手ならではの感覚の話をされています。

普通のインタビューだったら、ここで終わっている、というか、発展がイマイチ。

しかし、今回は騎手同士の対談

ここから少し、騎手独特の「感覚」の話になっているのが、とても面白かったです。

いくら僕(武豊)でも結果が出なければ有力馬への騎乗は減っていくし、人は離れていく。

「JOCKEY×JOCKEY」17ページから引用

と、武さんは語っています。

あの武さんでも、人が離れていく事があるのか…。

厳しい世界の話を、知る事が出来たのは、とても勉強になりました。

それでも競馬が大好きな「武豊」

ツライ事があろうとも、競馬を嫌いになった事がない、と語る武豊さん。

「JOCKEY×JOCKEY」の中では、騎手同士でしか話せないような、騎乗技術の話や、メンタルの話などが、詰まっています。

武さんが一体どんなトレーニングをしているのか。

そして、後輩たちに「伝えたいこと」とは…。

藤岡佑介騎手の、人柄と人望があってこその対談内容で、目からウロコが落ちっぱなしでした。

読めば、もっと競馬が楽しくなる

ぜひご一読下さい。

ユーモアたっぷり、武さんのお話もありますよ!

実はアツい漢!同期、川田将雅騎手

競馬のイメージ画像

「川田将雅」騎手というと、どんなイメージをお持ちでしょうか?

笑わない

あまりしゃべらない

なんか冷めてる

いえいえ!

実はアツい漢という事が「JOCKEY×JOCKEY」を読めば分かります。

藤岡佑介騎手と川田将雅騎手は、競馬学校の同期

「JOCKEY×JOCKEY」では、2人の旧知の仲だからこそ、深くて人間性が見える、貴重な対談が読めます

激動の1年半。ハープスターと過ごした日々

いつも冷静で、時に冷徹に見える川田騎手。

GⅠでもいつも落ち着いていて、緊張しないタイプだとか。

しかし、そんな川田騎手でも、ド緊張した事が。

それが、ハープスターの凱旋門賞。

”プレッシャーに押しつぶされそう”ってこういうことなんやと思ったくらい。

「JOCKEY×JOCKEY」28ページから引用

と、川田騎手はこの「JOCKEY×JOCKEY」の対談で話しています。

普通のインタビューならここでおしまい。

深く突っ込んだり、意見がなかったりします。

が、ここは同期の藤岡佑介騎手。

凱旋門賞で、1番人気の馬に乗って負けた事について

日本人ジョッキーが日本の馬でヨーロッパの大きなレースを勝つということについて、少し扉が閉じてしまったように思う。

「JOCKEY×JOCKEY」30ページから引用

こんな一言は、同期だからこそ、藤岡佑介騎手だからこそ、言える事ではないでしょうか。

普通のインタビュアーなら、こんなに切り込めないでしょう。

「JOCKEY×JOCKEY」だからこそ、藤岡佑介騎手だからこその「扉閉まった」発言。

「扉を閉めた」と言った直後、こんな事も

俺は扉を開けるのは将雅なんじゃないかと思っているから。

「JOCKEY×JOCKEY」30ページ引用

「JOCKEY×JOCKEY」でしか読めない、とても貴重で深い対談。

「JOCKEY×JOCKEY」ぜひお読みください。

意外と泣き虫!?アツい漢、川田将雅騎手

冒頭イメージしていただいた、川田騎手のイメージ。

冷徹でクールなイメージ。

「JOCKEY×JOCKEY」を読み進めていくと、藤岡佑介騎手のこんな一言が。

将雅も熱いところがあるから、意外と”泣き虫ジョッキー”かもしれないな。

「JOCKEY×JOCKEY」40ページ引用

なんと「JOCKEY×JOCKEY」では、川田騎手が泣いたエピソードが書かれています。

それは、川田騎手が1カ月、フランスへ短期遠征に行っていたときの事。

1か月の間、結果を出せず、あまりに悔しくて人前で泣いたとか。

いつもクールすぎるほどの川田騎手が、悔しくて泣くなんて、なんだか考えられませんよね。

泣いたエピソードは、まだあります。

それは、師匠・松田博資元調教師のラストランでの事。

最後のレースで、川田騎手が松田調教師に息子さんを通して

「パドックでの足上げをして欲しい」

と、お願いしたそう。

実際に足上げをしてもらったそうだが、その時に

それはもう感極まった。お客さんに涙を見られたくなくて、急いでゴーグルをしたよ。

「JOCKEY×JOCKEY」41ページ引用

と話しています。

フランスでの悔し涙…師匠のラストランでの涙…。

普段のインタビュー等からは、想像がつかない川田騎手の「アツさ」が伝わってきます。

同期の藤岡佑介騎手との対談は、読んでいて、とても興味深く面白かったです。

騎手同士「だからこそ」の話が満載「JOCKEY×JOCKEY」

競馬のイメージ画像

武豊騎手、川田将雅騎との対談を一部ご紹介しました。

「JOCKEY×JOCKEY」では、他にも

  • C.ルメール騎手
  • 四位洋文元騎手(現調教師)
  • 浜中俊騎手
  • 福永祐一騎手
  • 三浦皇成騎手
  • 横山典弘騎手
  • 松山弘平騎手
  • 和田竜二騎手
  • 池添謙一騎手

11人もの騎手たちとの対談が書かれてます。

いずれも、騎手同士「JOCKEY×JOCKEY」だからこその深くて興味深い対談です。

競馬ファンなら、ぜひ一度読むべき「JOCKEY×JOCKEY」。

読んで損なし、競馬がもっと好きになる事、間違いなし

藤岡佑介騎手の「人たらし」と「情熱」だからこそ、こんなにも多くの騎手、そして、内容の深い対談になっています。

「JOCKEY×JOCKEY」を読んで、競馬をもっと楽しみましょう!

スポンサーリンク

-書籍紹介
-, ,

Copyright© マツダイケイバ! , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.