マツダイケイバ!

競馬初心者の方に競馬をもっと楽しむ競馬術をお届け!!

スポンサーリンク

データ

オールカマーの傾向と対策2021。近6走を紐解く

投稿日:

2021年9月26日に開催されるオールカマー

秋のGⅠへ向けてのステップレースに位置付けられています。

夏に休養を挟んだ有力馬が、ここから始動する事も、少なくありません。

そんなオールカマーの近6走の傾向を紐解き、対策を考えました

予想のヒントになれば幸いです。

オールカマーの血統傾向

オールカマーの血統傾向を見ていきます。

近6走に出走した馬の「父、母父」の血統とその系統を調べました。

まずは、1-3着馬の血統を。

GⅠを制した馬がたくさん出走していますね。

その中でも、特に活躍が目立つ血統は

  • ディープインパクト系(2-5-0-7)
  • キングカメハメハ系(1-0-2-4)
  • ヴァイスリージェント系(2-1-0-2)
  • ストームバード系(0-1-1-2)

です。

1-3着馬から見ると「ショウナンパンドラ」「ステファノス」「センテリュオ」などが、上記の血統を併せ持つ馬です。

ヴァイスリージェントとストームバードは、スピードに長ける馬を、輩出する傾向があります。

「パワー×スピード」という血統配合の馬が、活躍するのではないでしょうか。

注目してみましょう。

オールカマーの枠傾向

次にオールカマーの枠傾向を、見ていきましょう。

近6走の枠別成績はこちら。

特に秀でた枠はないような感じです。

しかし、明らかに、外より内枠の方が走っています。

外枠の馬は、割り引いて考えるのが良さそうです。

オールカマーの脚質とラップ傾向

オールカマーの脚質傾向とラップのを、見ていきましょう。

まずは脚質の傾向から。

やや差しタイプが有利な傾向か。

先団よりも少し後ろに位置している馬が、活躍する傾向にあります。

展開面からは、先行のやや後ろに位置しそうな馬に、注目してみましょう。

ではラップの傾向を。

全体的にスローペースになる傾向があります。

昨年なんて、メッチャ遅くてタイムもかかっていますね。

それでも1着馬は、後ろの方から来ているので、やはり先団の後ろ辺りの馬には、注目でしょう。

遅い割には、逃げ馬の成績が良くないのも、特徴です。

オールカマーの払戻しと一番人気馬成績

払戻しを見ていきましょう。

そんなに大きく荒れる事は、ないような傾向です。

3連単はだいたい万馬券ですね。

これは、一番人気馬の成績を見ていくと見えてきます。

一番人気馬の成績は(2-2-0-2)。

単勝回収率は66.7%で低いと言えるでしょう。

複勝回収率からみても、一番人気馬の信頼度は高くない事が分かります。

一番人気を疑ってみていくと、良さそうです。

オールカマーの対策まとめ

では、オールカマーの対策をまとめていきます。

  • ディープインパクト系、キングカメハメハ系、ヴァイスリージェント系、ストームバード系が活躍する!
  • 「パワー×スピード」を併せ持つ血統に注目
  • 外枠は不利。
  • 先団よりもやや後ろに位置する馬が活躍する
  • 一番人気馬の信頼は低め。疑ってみよう

さぁ、オールカマーは9月26日!

今年はどんなドラマが待っているでしょうか!?

スポンサーリンク

-データ
-, ,

Copyright© マツダイケイバ! , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.