マツダイケイバ!

競馬初心者の方に競馬をもっと楽しむ競馬術をお届け!!

スポンサーリンク

データ マツダイの競馬日記

「最終の松山」21年を振り返る。21年データから22年前半を占う。

投稿日:

僕、マツダイの定説に「最終の松山」があります。

「最終レースの松山弘平騎手は好成績」という説です。

とにかく、マツダイは「最終の松山」を推しています。

たびたびツイートしていますが、果たして「最終の松山」は本当なのか。

21年のデータを振り返りながら、20年データと比較してみました。

最終の松山。21年前半データ

21年前半のデータを見ていきます。

1月5日から6月28日までの「最終の松山」の成績はこちら。

(3-5-2-21)という成績。

勝率9.7%、連対率15.8%、3着内率32.3%。

むー…。イマイチ調子が良くなかった感があります。

単勝も複勝も十分に回収出来ておらず、不振といえるのではないでしょうか。

最終の松山。前半の昨対

では、20年の前半と比較してみるとどうでしょう。

20年の前半期間は1月5日から6月28日です。

20年の成績と昨対はこちら。

20年の成績は(4-5-1-29)

21年の成績は(3-5-2-21)

21年は昨対すると、連対率と3着内率が伸びています

単勝は21年より回収出来ているようです。

20年はデアリングタクトで無敗の3冠騎手となった松山騎手。

勝ち星が伸びても、合計の複勝金額が伸びていないのは、人気サイドの馬に乗る機会が増えたからでしょう。

最終の松山。21年は昨対すると、伸びている傾向にあります。

最終の松山。21年後半データ

では、21年後半のデータを見ていきましょう。

21年後半の期間は7月3日から12月28日です。

(6-3-1-27)という成績。

前半と比べると、1着が増えています。

勝率16.2%、連対率24.3%、3着内率27.0%

んー…。勝率は前半より伸びましたが、全体的に陰りが見えます。

単勝も複勝も、十分回収は出来ていない、と言えるのではないしょうか。

最終の松山。21年の昨対

では、20年後半と比較してみましょう。

20年後半の期間は7月4日から12月28日です。

20年後半の成績は(10-3-1-25)と絶好調。

20年が良かったのか、今年が良くないのか…。

21年後半は昨対すると、良くない結果になっています。

最終の松山。21年の年間

最終の松山。21年前半と後半を見たことろで、21年の年間成績を見ていきましょう。

「最終の松山」21年年間では(9-8-3-48)という成績。

勝率13.2%、連対率25.0%、3着内率29.4%

松山騎手の21年年間の成績と比べてみたら、「最終の松山]は心許ない結果に…。

他の騎手と比べてみる必要が、あるのかもしれませんね…。

調べるなら大変だ…。

誰か調べてください(笑)

最終の松山。21年の昨対

では、21年の成績を、20年の成績と比べてみましょう。

20年成績は(14-8-2-54)

20年と比較とすると、不振ですね…。

果たして「最終の松山」と言えるのだろうか…。

いや、言い続けますが…苦笑

最終の松山。22年前半を占う

では、最後に「最終の松山」の22年前半を占ってみたいと思います。

20年前半データから21年の成長率を割り出し、22年前半がどうなるかを計算してみました。

その結果がこちら。

22年前半「最終の松山」の成績は(2-5-4-15)という予測に。

1着こそ少ないですが、3着内率は45.7%というなかなかの好成績という計算に。

さすがに前半で、2勝しか出来ないという事はないでしょう。

22年前半「最終の松山」を買うなら、軸より相手が良さそうです。

しかし!最終の松山は、こんな結果には終わりません!きっと!

勝ちまくって本当に「最終の松山」と言えるほどの活躍を見せてくれると、期待しています。

頑張れ!松山騎手!

スポンサーリンク

-データ, マツダイの競馬日記
-, , ,

Copyright© マツダイケイバ! , 2022 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.