マツダイケイバ!

競馬初心者の方に競馬をもっと楽しむ競馬術をお届け!!

スポンサーリンク

データ

根岸ステークスの傾向と対策2021。近5年データを紐解く

投稿日:

1月31日に開催される「根岸ステークス」。

中央GⅠの幕開けフェブラリーステークスの前哨戦として、重要なレースです。

この記事では、近5年の開催から、根岸ステークスを紐解いています。

傾向を知って、レース予想に活かしましょう!

根岸ステークスの父、母父傾向

近5年の父、母父の血統を調べました。

1頭の取り消しを除いた、77頭分です。

まずは、1-3着馬の血統を。

カフジテイクとコパノキッキングが2年連続で馬券に絡んでいますね。

では、取り立てて活躍の目立つ血統を、ピックアップします。

  • フォーティナイナー系
  • ストームバード系
  • ボールドルーラー系

の、活躍が目立ちます。

どの血統も、ダートに強い米国型の血統です。

スピードの持続力があり、パワーを持った血統

短距離で活躍する血統が活躍する傾向にあります。

血統としては、ダート向きのスピードが持続するタイプが良いでしょう。

血統については

血統の教科書」を参照に、紐解きました。

血統について、分かりやすく書いているので、興味のある方は、ぜひご一読下さい。

血統の世界は、広くて深くて面白いです。

根岸ステークスの枠傾向

根岸ステークスの枠の傾向を見ていきます。

近5年の枠別成績をまとめました。

8枠に1頭取消があったため、8枠が1頭少なくなっています。

そこまで大きな影響は、ないかな、と。

東京ダート1400mは、最初のコーナーまで442m。

ポジション取りに、さほど影響がない、と考えられます。

枠よりも、脚質の方が大事になってくるレースです。

根岸ステークスの脚質とラップの傾向

では、脚質とラップの傾向を、見ていきましょう。

近5年の脚質とラップをまとめています。

まずは脚質から。

差しのタイプが活躍する傾向ですね。

上りが速い馬たちが馬券に絡みやすい傾向。

追込のレースで、今でも語り草の「ブロードアピール・根岸ステークス」。

キレるというよりも、良い脚を長く使えるタイプが良いです。

では、ラップをみていきましょう。

スタートから、長く直線を走る事もあり、前半が速く流れる傾向があります。

アップダウンが少なく、コーナーも少ないので、淡々としたラップで流れる傾向。

テンからスピードに乗って、直線で長く良い脚を使えるタイプがいいでしょう

血統でも、短距離でスピード持続のあるタイプが、活躍してました。

脚質やラップから見ても、同じようなタイプが活躍するといえます。

根岸ステークスの一番人気成績と払戻し

では、一番人気の成績は、どうでしょうか。

こちらも近5年の結果をまとめています。

一番人気は(2-2-0-1)。

信頼のおけるレースと言えるでしょう。

払戻しは、3連単が万馬券になりやすい傾向です。

一番人気を絡めつつ、広めに買うのも良いかもしれません。

根岸ステークス対策まとめ

対策をまとめていきます。

・ダートのスピード持続がある血統が良い

・差しの馬に注目

・長く良い脚を使えるタイプに注目

・一番人気に注目

根岸ステークスは2021年1月31日。

今年はどんなドラマが待っているでしょうか!?

スポンサーリンク

-データ

Copyright© マツダイケイバ! , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.