マツダイケイバ!

競馬初心者の方に競馬をもっと楽しむ競馬術をお届け!!

スポンサーリンク

マツダイの競馬日記

大興奮!黒船賞、現地観戦日記!

投稿日:

2021年3月16日、高知競馬場にて行われた「黒船賞」。

高知で行われる唯一の交流重賞です。

人生初の現地で生観戦しました

もう大興奮!

完全に僕の主観で、黒船賞の観戦日記を書きます。

本当に貴重な体験が出来ました。

黒船賞、前日からワクワク…!

黒船賞の前日。

もちろん、それより前から、データを作ったりと、黒船賞の事をしていました。

が、前日はやっぱりワクワク…!

とうとう明日か!!!

修学旅行の前夜のような、ワクワクドキドキが止まらん。

テレビやネットでしか観たことない、騎手や馬が来る…!

中央の競馬場へ行った事がない僕にとっては、興奮を抑えきれません。

早起きした当日…!

前夜からワクワクドキドキが止まらなかった…。

ワクワクドキドキのまま、眠りにつきました。

はっ!と起きて、時計を見ると7時。

高知競馬場の開場、13時20分。

移動の時間を考えても、あまりにも早い起床。

しかし、ワクワクが止まらない。

10時開店のイオンに到着(笑)

駐車場で黒船賞の出馬表を見ていたら、いつの間にかちょっと寝てました。

イオン内のスタバで黒船賞の出馬表を見ながらニヤニヤ。

ゲン担ぎにカツ丼を食べて、さぁ高知競馬場へ!

高知競馬場へ到着!県外ナンバーに長蛇の列に

高知競馬場

高知競馬場の開場は、13時20分。

しかし、ワクワクが止まらず、13時前には高知競馬場の駐車場に到着。

駐車場には、競走馬の護送車が!

おぉ!!!

テンション上がりました。

駐車場には、普段高知競馬場では見ないような、県外ナンバーの車がちらほら。

黒船賞の注目度の高さを実感

車にいても、しょうがないので、開場前だけど、入場口へ。

入場口へ行くと

なんじゃこりゃーーー!!!

入場口には、見たことない長蛇の列…。

黒船賞のスゴさをまたまた実感。

ワクワクドキドキながら、列に並びました。

大興奮のパドック!!

高知競馬場へ入場。

黒船賞は3R。

まだ先だ。

しかし、続々と人がやってくる。

普段、見たことないような人たちがたくさん。

その中でも、常連の方たちを見かけて、どこか安心感を抱いたなぁ。

淡々とレースが進み、2Rの発走前からパドックで待機。

パドックの柵には、交流重賞らしい、中央の騎手の横断幕!

https://twitter.com/matsudaikeiba/status/1371682527857938434

おぉ!

中央の騎手が来ているんだぁと実感。

ワクワクドキドキ…。

2Rが終わると、続々とパドックに人、人、人…。

パドックを囲い込むように、人で埋め尽くされた。

ドキドキ…。

これ何待ち!?ってくらい、長い時間待っているような感覚。

そして、とうとう黒船賞出走の馬たちが登場…!

サクセスエナジー号@黒船賞

初めて見る中央の馬たち…。

重賞で名前を見る馬たち…。

カッコいい…!!!

馬たちがぞろぞろ歩いていく中、騎手たちが整列!

そして、騎手が騎乗!

スリーグランド号と福永祐一騎手@黒船賞
テイエムサウスダン号と岩田康誠騎手@黒船賞
サクセスエナジー号と松山弘平騎手@黒船賞
グリム号と武豊騎手@黒船賞

目の前に来る「生・武豊」騎手…。

テレビでネットで雑誌でしか観た事がない、あの武豊…。

手の震えが止まらん…!!

岩田康誠騎手、松山弘平騎手、福永祐一騎手…。

GⅠで活躍されている、トップジョッキーたちが続々…。

あぁ…。もうスゴい…。恍惚…。

馬たちが本場馬入場。

パドックには馬がいなくなり、人たちもスタンドへ。

僕はしばらく動けなかった…。

手の震えが止まらず、胸の高り鳴りが治まらない。

しばらくパドックでボーっ。

興奮した、感動した、胸打たれた。

とにかく大興奮のパドックだった。

いざレース!

パドックでの興奮も落ち着き、急いでスタート近くへ。

高知けいばの名物・ゲートビジョンを撮影。

ゲートビジョンがカッコいい…!

続々と馬たちがスタート近くへ。

さぁ、スタート!

正直、あんまり記憶がない…。

とにかく興奮しっぱなしだった…。

結果は、テイエムサウスダンの圧勝。

馬券勝負には負けたけど、気持ち晴れやか胸いっぱい。

やっぱり競馬は生観戦が最高!

いつかの高知競馬場

黒船賞が終わって帰宅。

一日を振り返ると、本当に楽しかった。

普段はネットでしか競馬を見ていない。

たまに高知競馬場へ行って、生観戦する。

そのたびにも思う。

やっぱり競馬は生観戦が最高だ!

馬が目の前を通るパドック。

馬が走る音、迫力、聞こえてくる騎手の声。

臨場感と迫力は、生で見ないと味わえない。

これからは、他の地方にも行ってみたいなぁ。

とにかく大興奮の黒船賞生観戦でした!

スポンサーリンク

-マツダイの競馬日記
-,

Copyright© マツダイケイバ! , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.