マツダイケイバ!

競馬初心者の方に競馬をもっと楽しむ競馬術をお届け!!

スポンサーリンク

マツダイの競馬日記

高知優駿2022。展望と各馬の紹介と総評。高知王者はどの馬か…!?

投稿日:

2022年6月12日。

この日は、高知けいばの祭典「高知優駿」です。

今年は「大井」「浦和」「川崎」「兵庫」と全国各地から、猛者が乗り込んできています。

全12頭。果たして高知王者になるのは、どの馬か!?

高知の王者が決まる…!

関東勢が本気。理由は賞金にあり。

今年は南関から強い馬たちがやってきています。

南関リーディング森泰斗騎手や、南関の馬に高知リーディング赤岡騎手が乗るなど、南関勢が本気です。

それはなぜか…。

理由は「賞金」にあり。

こちらの図をご覧ください。

これは、高知優駿1着馬の賞金の推移表です。

いち地方競馬の賞金が、5年で3倍以上になっています。

「全ナイター開催」「ネット投票」「一発逆転ファイナルレース」…。

高知けいばが仕掛けた戦略が大ハマりし、多くの競馬ファンが高知の馬券を買ってくれています。

そうして収益が爆増し、賞金に反映されているのです。

賞金が上がれば、遠征馬も強い馬が来る。

そうして、レース全体のレベルが上がり、より高度な戦いを楽しめることが出来ます。

今年は南関勢がいつも以上に本気です。

より高いレベルの高知優駿が見られそうでワクワクしますね!

高知優駿2022の展開予想

より高いレベルの戦いになるであろう高知優駿。

今年はどう展開していくのか…。

展開の予想をしてみました。

そんなに前に行きたい馬が、多くない印象です。

内枠の1番2番辺りが先団を形成し、進んでいきそうな印象。

ちなみに、過去の高知優駿をみていくと「逃げ」の馬が多く馬券に絡んでいます。

脚質、血統、枠別成績、一番人気馬成績…。

近10年のデータを取って、傾向と対策を考えた記事があります。

きっと予想に役立つデータ、傾向と対策は、こちらの記事をご覧ください。

内枠の馬がまんまと先行して押し切るのか、切れ味鋭い馬が飛んでくるのか…。

果たしてどんな展開になるでしょうか。

展開を考えるだけで、ワクワクしますね!

高知優駿2022出走各馬の紹介と総評

それでは高知優駿に出走する各馬の紹介をしていきます。

総評も併せてご覧ください。

1.アイウォール

父エスポワールシチー

母父First Defen

浦和からの参戦。

門別で2勝。

浦和へ移籍。浦和で3勝。

その鞍上は全て森騎手。

南関リーディング森泰斗騎手が、高知へやってくる。

バツグンの先行力が武器。

右回り、小回りでも大丈夫だろう。

調教師は「距離も問題ない」と話す。

有力候補の一角。果たして。

2.ハッピーオーラ

父アジアエクスプレス。

母父ジャングルポケット。

中央から高知転厩。高知ではこれが3戦目。

高知初戦では2着に2.3秒差をつける鮮烈な圧勝。

前走は3歳の山桃特別で3着。連闘での参戦だった。

今回は少しゆとりのあるローテ。

この大舞台であの日の圧勝の再現なるか。

3.ラッキーライズ

父コパノリッキー。

母父Street Cry。

兵庫から参戦。

前走はのじぎく賞。

実はのじぎく賞から19年リリコ、21年クレモナが3着になっている。

相性のいいローテ。

鞍上は兵庫のイケメン鴨宮騎手。ゴルフ好きの鴨宮騎手。

果たして。

4.アンティキティラ

父シニスターミニスター。

母父エンパイアメーカー。

佐賀・花吹雪賞、名古屋・若草賞と地方重賞を連勝している。

黒潮菊花賞では2着。

前走は集中を欠いたような走りだった。

高い能力を持っているだろう。

追い切りタイムを見ると、高知けいばの中で最速のタイムを出している。

高い能力をこの大舞台で発揮なるか。

5.マオノウイッシュ

父バトルプラン。

母父マンハッタンカフェ。

ここ最近は低調。

しかし、2歳時は高知重賞・金の鞍賞で3着など存在感があった。

馬体重が戻ってきており、体調は整ってきているか。

鞍上は高知重賞で絶好調の宮川実騎手。

相手は強いが果たして…。

6.フレッシュグリーン

父トゥザワールド。

母父アグネスタキオン。

川崎からの参戦。
なんとここまで18戦。3歳にして18戦。

レース経験の上積みはスゴイ。

前走の東京湾カップでは上り最速。

キレはこのメンバー上位だろう。

追い切りは上々だとか。

自身のキレを活かして勝利なるか。

7.アラバド

父ベーガバド。

母父ストラヴィンスキー。

2歳時、門別から高知へやってきた。

門別では1勝。高知では4勝している。

関係者によると「学習能力は高い」とのこと。

鞍上は高知・岡村卓哉騎手。

レース運びは良い感じ。

相手は強いが果たして。

8.ガルボマンボ

父ガルボ。

母父クロフネ。

準重賞を2勝。高知のこの世代では実績上位。

前走は前哨戦・山桃特別は差なしの2着。

距離は大丈夫だろう。

鞍上は高知・林謙佑騎手。

世代トップクラスの力を持ったガルボマンボ。

相手は強いが大丈夫かガルボマンボ。

名前を言いたくなるガルボマンボ。果たして。

9.アムールジョイ

父エスケンデレヤ。

母父サウスヴィグラス。

高知の生え抜き牝馬。

前走は前哨戦・山桃特別で4着と善戦。

関係者の話では「距離は大丈夫」との事。

鞍上は高知・佐原秀泰騎手。

実は7枠は高知優駿ではメッチャ走る。

相性のいい枠を活かして好成績なるか。

10.コスモポポラリタ

父ロージズインメイ。

母父ヤマニンセラフィム。

大井からの参戦。

2歳時には門別牝馬重賞を連勝。

前走の東京プリンセス賞を2着。

高い能力が復調してきた。

鞍上は高知リーディング赤岡修次騎手。

南関が本気出してきた布陣だろう。

高知は初めてだが、赤岡騎手のリードで勝利なるか。

11.ヴェレノ

父プリサイスエンド。

母父マンハッタンカフェ。

黒潮皐月賞馬。

前走の前哨戦・山桃特別でも勝利。

高知では実績最上位と言える。

高知初の女性調教師・宮川真衣調教師。

鞍上は高知の騎手になったばかり畑中真司騎手。

地の利を活かして、二冠目なるか。

地元民としては肩入れしてしまう一頭。

12.サンコーチ

父サンカルロ。

母父マンハッタンカフェ。

高知の生え抜き馬。

大きな完歩が特徴。

関係者の話では「1900mは合わない」との事だが、どうか。

鞍上は高知のルーキー・岡遼太郎騎手。

大外枠をどう活かせるか。

人気薄、ルーキー…思い切った騎乗が見られたら一発あるか。

ワクワクが止まらない高知優駿!!

6月12日。

やっぱり「優駿」という響きはワクワクしますね!

全国各地からも猛者が集まった今年の高知優駿。

果たしてどんなドラマが待っているでしょうか!?

スポンサーリンク

-マツダイの競馬日記
-,

Copyright© マツダイケイバ! , 2022 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.