マツダイケイバ!

競馬初心者の方に競馬をもっと楽しむ競馬術をお届け!!

スポンサーリンク

マツダイの競馬日記

競馬があると、人生が潤う

投稿日:

「生き返った」

マツダイは最近、仕事に追われまくっていた。

通常の業務で毎日毎日、ヒーヒー言っている。

朝は5時過ぎに起き、17時ごろに帰宅。

ご飯を作っては食べ、シャワーを浴びて、ちょっと作業机に向かうと、いつの間にか居眠り…。

ナイター開催の競馬を見る事もなく、何となくTwitterつついていたら、コトンと寝ている。

気が付いたらベッドに行って寝る。

そして、また朝になる…。

そんな毎日の繰り返し。

仕事に追われ、何が楽しいか分からない、そんな日々を送っていた。

ある日、もう嫌になって、体力的にはキツかったけど、無理矢理、高知競馬場へ行った。

高知競馬場

高揚、興奮、歓喜、感慨、憧憬…。

高知競馬場の門を見た瞬間、様々な感情が湧き出てきた。

脳汁ぶっしゃー。

様々な感情が湧いてきたからか、ほろっと涙ひとしずく流れた。

門をくぐると、いつも来ていたいつもの高知競馬場がある。

月1、2くらいしか来てないのに、どうしてか「ただいま」って言ってた。

競馬があるんだな、自分の人生には。嬉しいな、ありがたいな。

パドックに向かうと、馬たちが周回している。

ただボーっと、歩く馬たちをみているだけで、なんだかもう満たされてた気持ちになっていた。

レースが始まる。

ファンファーレがなると、一気に心がアツくなった。

情熱なんかな、興奮なんかな、何か燃えるようなものが、体の下から湧き上がってくる。

夕暮れの競馬は美しい。

夕暮れのセンチメンタル、馬が駆ける音、うっすら見える月、空に浮かぶコントレイル…。

馬がいる、この美しい風景を生で観ると、心が洗われるんだわ。

レオタイザン号

推しに会える喜び。

マツダイの推し馬「レオタイザン」。

この日も会えた、嬉しい。

競馬で推しがいると、より競馬が楽しい。

推しの馬券も買って、そっと財布にしまっておこう。

宝物を手に入れたような、ほくほくした気持ちになれた。

競馬があると、人生が潤う。

仕事に追われ、生きるのが楽しくなかったのに、競馬を見に行く、たった3時間でだけで心が潤う。

しおれた花が一気に水を吸収するように、心が一気に潤う。

競馬はギャンブル。

だけど、お小遣い程度の遊びくらいのお金でも、十分楽しい。推しも作れる。

この日は馬券勝負的には負けたけど、心が潤ってすんごく楽しかったから、実質勝ち。

また頑張ろうって、またここに帰ってこようって思った。

ありがとう、高知けいば。

ありがとう、競馬。

競馬があると、人生が潤うんだ。

スポンサーリンク

-マツダイの競馬日記

Copyright© マツダイケイバ! , 2022 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.