マツダイケイバ!

競馬初心者の方に競馬をもっと楽しむ競馬術をお届け!!

スポンサーリンク

データ

毎日王冠の傾向と対策2021。近10走データを紐解く。

投稿日:

2021年10月10日に開催される毎日王冠。

東京芝1800mで行われるGⅡで、天皇賞秋の前哨戦として位置づけられています。

有力馬が登場してくる事が多く、秋の主役を担う一頭が登場する事もある、見逃せない一戦です。

毎日王冠の近10走のデータを集約し、傾向を探って、対策を考えました

予想のヒントになれば幸いです。

毎日王冠の血統傾向

毎日王冠の血統傾向を探ってみます。

近10走に出走した「父、母父」の血統とその系統を調べました。

まずは、活躍が目立つ血統を。

  • ディープインパクト系(3-4-4-31)
  • キングカメハメハ系(1-2-3-7)
  • ストームバード系(3-1-0-6)
  • グレイソヴリン系(1-1-2-2)

です。

いずれも、東京コースに強い血統が、活躍する傾向にあります。

グレイソヴリン系には「府中のトニービン」と言われるトニービン系も内包されていますね。

ディープインパクト系は良く走っていますが、頭数が多いので、取捨選択が難しいところ。

ディープインパクト系でも、馬券に絡まない馬も多いですもんね…。

しかし「1-3着」を見ていくと、選びたい馬の傾向が見えてきます。

エイシンヒカリ、リアルスティール、サトノアラジン、ダノンキングリー…。

いずれも「ディープインパクト×ストームバード」ですね。

今年出走する馬を見ていくときには「ディープインパクト×ストームバード」に注目です。

毎日王冠の枠傾向

では、毎日王冠の枠別成績を見ていきましょう。

近10走の枠別成績はこちら。

6枠が有利ですね。

8枠も結構走っています。

外枠の馬に注目してみましょう。

毎日王冠の脚質、ラップ傾向

次に毎日王冠の脚質とラップの傾向を見ていきましょう。

まずは脚質から。

やや先行有利な傾向ですか。

開幕週の重賞。

「開幕週は前残り」という格言が当てはまる傾向です。

先行に注目してみましょう。

続いてラップ。

スローな展開になりやすいレースです。

開幕週の前残りに加え、スローでより前が残りやすい傾向になるのでしょう。

毎日王冠の払戻し、一番人気成績

毎日王冠の払戻しの傾向を見ていきましょう。

近10走の払戻しはこちら。

平均的に、大きな配当が少ないですね。

一番人気の成績を見てみましょう。

一番人気は(7-0-0-3)。

勝つか負けるか極端な傾向です。

しかし、10戦7勝なので、信頼度はかなり高いと言えます。

一番人気に注目してみると良さそうです。

毎日王冠の対策まとめ

では、毎日王冠の対策をまとめます。

  • ディープインパクト系、キングカメハメハ系、ストームバード系、グレイソヴリン系が活躍する
  • 特に「ディープインパクト×ストームバード」の組み合わせに注目!
  • 6枠が活躍する!
  • 外枠が活躍する傾向
  • 先行馬が活躍しやすい傾向
  • 一番人気は信頼度高い。しかし、勝つか負けるかの極端な傾向

毎日王冠は10月10日。

今年はどんなドラマが待っているでしょうか!?

スポンサーリンク

-データ
-,

Copyright© マツダイケイバ! , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.