マツダイケイバ!

競馬初心者の方に競馬をもっと楽しむ競馬術をお届け!!

スポンサーリンク

データ

クイーンステークスの傾向と対策2022。近10走を紐解く

投稿日:

2022年7月31日に行われるクイーンステークス。

夏の大地「札幌」で行われる牝馬限定のG3です。

過去を見ると、アエロリットやディアドラなどG1ウィナーも出走するレース。

ここから秋の大一番に向けて、注目の一戦です。

クイーンステークスの近10年の結果からデータを集め、対策を考えました。

函館開催だった13年、21年のデータを含んでいます。

予想のヒントになれば幸いです。

クイーンステークスの血統傾向

クイーンステークスの血統傾向を見ていきます。

函館開催を含め近10年に出走した「父、母父」の血統とその系統を調べました。

まずは、1-3着馬です。

アイムユアーズとスカーレットカラーがリピーター活躍していますね。

活躍している血統はこちら。

  • ネオユニヴァース系(2-1-1-3)
  • サンデーサイレンス(1-5-1-10)
  • キングマンボ系(2-1-1-2)
  • ダンチヒ系(3-0-1-9)
  • ディープインパクト系(3-1-1-12)

などが活躍しています。

サンデーサイレンスは、母父に入っても活躍。

母父サンデーの馬がいたら注目です。

ダンチヒは米国タイプのスピード寄りではなく、欧州タイプのパワー型の活躍が目立ちます。

ネオユニヴァースやディープインパクト、ダンチヒなど、パワーに優れた血統が活躍する傾向です。

クイーンステークスの枠傾向

クイーンステークス、枠の傾向を見ていきましょう。

近10年の枠別成績はこちら。

2枠が活躍していますね。

3枠は近10年で一度も馬券にいません。

どの枠もまんべんなく走りそうですが、3枠は割引対象でしょう

クイーンステークスの脚質のラップ傾向

クイーンステークスの脚質の傾向と、ラップの傾向を見ていきます。

まずは、脚質の傾向から。

1着馬は先行が有利な傾向。

しかし、結構追い込みも馬券に絡んでいますね。

逃げはあまり馬券に絡まない傾向。

ラップの傾向はこちら。

ペースはまちまち。

大きく荒れた展開になることは少ないかなと。

クイーンステークスの払い戻しと一番人気成績

クイーンステークスの払い戻しと、一番人気成績を見ていきましょう。

まずは、一番人気成績はこちら。

一番人気成績は(4-3-2-1)

単勝回収率110.0%、複勝回収率130.0%

まずは一番人気から考えても良いでしょう。

払い戻しはこちら。

一番人気はよく馬券に絡みますが、馬単と3連単は大きな配当が出ています。

相手選びはじっくり慎重に大胆に考えても良さそうです。

クイーンステークスの対策まとめ

では、クイーンステークスの対策をまとめます。

  • ネオユニヴァース、サンデーサイレンス、キングマンボ、ダンチヒ、ディープインパクトが活躍する傾向
  • 2枠は好走!3枠は割引き
  • ラップや脚質は特に偏った傾向はないが、逃げが不利な傾向
  • 一番人気は好走!まずは一番人気から
  • 馬単、3連単が荒れる傾向。相手選びは慎重に大胆に

さぁ、クイーンステークスは7月31日。

今年はどんなドラマが待っているでしょうか!?

スポンサーリンク

-データ
-,

Copyright© マツダイケイバ! , 2022 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.