マツダイケイバ!

競馬初心者の方に競馬をもっと楽しむ競馬術をお届け!!

スポンサーリンク

データ

東京新聞杯の傾向と対策2021。近5走データを紐解く

投稿日:

2021年2月7日に開催される東京新聞杯のデータを、紐解いていきます。

近5走のデータです。

東京新聞杯の過去を見ると、インディチャンプリスグラシューといった、GⅠウイナーが勝っています。

今後のGⅠ戦線、特にマイル戦線を占っていく一戦。

目が離せない一戦ですね!

東京新聞杯の血統傾向と対策

近5走の父、母父を調べました。

まずは、1-3着馬の血統です。

次に、東京新聞杯の推奨血統を挙げていきます。

  • ディープインパクト系
  • ハーツクライ系
  • キングカメハメハ系
  • ダンチヒ系

の、活躍が目立ちます。

ディープインパクト、ハーツクライ、キングカメハメハ…。

いずれも、リーディング上位に君臨する血統です。

日本競馬にフィットした血統と言えます。

ダンチヒ系は、スピードがある血統。

東京マイルという、スピードもパワーも問われるこの舞台で、ダンチヒのスピードが活きてくるのでしょう。

それぞれの血統が単体で活躍するというより、掛け合わせた方が、より良い。

ディープインパクトorハーツクライ×キングカメハメハ、ダンチヒ

の、組み合わせの馬が良いです。

東京新聞杯の枠傾向

では、次に枠の傾向をみていきます。

こちらも近5走のデータです。

内の枠が有利ですね!

1着は、いずれも5枠よりも内枠の馬。

東京芝マイルのこの舞台。

東京が開幕して、1回目。

芝の状態が良く、ロスの少ない内を周っていける、内が有利になると、考えられます。

5枠より内枠の馬に注目してみましょう。

東京新聞杯の脚質、ラップ傾向

次に、脚質の傾向をみていきます。

こちらも近5走のデータです。

特に大きな偏りはない、と言えます。

ラップと合わせて、見てみましょう。

スローになった16,17年は、逃げや先行の馬が活躍しています。

前半3Fが上がり3Fよりも速い、19,20年は差しや追込の馬が活躍。

展開面の予想が、カギを握りそうです。

東京新聞杯の払戻しと一番人気成績

では、払戻しをみていきましょう。

近5走の払戻しです。

荒れる傾向といった感じでしょうか。

馬単の万馬券が出ていますね。

馬単の平均が7,052円というのは、結構オイシイのではないでしょうか。

16年に中止がありましたが、一番人気は、馬券には絡みやすいようです。

一番人気から、どう馬券を組み立てるか…。

馬券構築のウデが問われるレースでしょう。

東京新聞杯の対策まとめ

近5走データから紐解いた、東京新聞杯の対策をまとめます。

  • ディープインパクトorハーツクライ×キングカメハメハ、ダンチヒが良い
  • 内枠有利!5枠より内枠の馬に注目!
  • 脚質に大きな偏りはない。展開予想がカギを握る
  • 一番人気は、馬券に絡みやすい。が、やや荒れる
  • 馬券構築のウデが問われる

さぁ、東京新聞杯は2月7日。

今年はどんなドラマが待っているでしょうか!?

スポンサーリンク

-データ

Copyright© マツダイケイバ! , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.