マツダイケイバ!

競馬初心者の方に競馬をもっと楽しむ競馬術をお届け!!

スポンサーリンク

データ

チューリップ賞の傾向と対策2021。近走5年データを紐解く

投稿日:

2021年3月6日開催のチューリップ賞

3歳牝馬限定のGⅡレース。

舞台は阪神芝1600mで、桜花賞と同じ舞台

桜花賞トライアルレース、前哨戦として、とても重要な一戦です。

そんなチューリップ賞の傾向を紐解き、対策を考えていきましょう。

データは全て、近走5年の結果です

チューリップ賞の血統傾向

まずは、血統の傾向を見ていきましょう。

近走5年の「父、母父」の馬と、系統を調べました。

まずは、1-3着馬です。

後にGⅠを獲る馬の名前が目立ちますね。

では、推奨血統です。

  • ディープインパクト系
  • ダイワメジャー系
  • サドラーズウェルズ系
  • ストームバード系

の、活躍が目立ちます。

仕上がりの早さに定評がある系統。

「パワー×スピード」の組み合わせが活躍する傾向にあります。

チューリップ賞の枠傾向

では、枠ではどんな傾向があるのでしょうか。

近走5年の枠別成績です。

5枠、8枠の成績が良いですね。

内枠よりは、外枠の方が、活躍する傾向にあります

前半に負担がかかりやすいコース設計。

脚を溜めて、外からじっくり進めていけるタイプが活躍する傾向があります。

外枠だからといって、軽視するのは早計です。

チューリップ賞の脚質とラップ傾向

脚質とラップの傾向を見ていきましょう。

まずは、脚質から。

差し、追込勢の活躍が目立ちます。

先行馬も残っていますが、上りの速い馬の活躍が目立ちますね。

ラップも見ていきましょう。

前半に時計がかかる傾向があります。

チューリップ賞は、阪神芝1600m。

最初のコーナーまで、約440m。

坂を上りながら進むため、前半ゆったりめに進み、直線のキレ味勝負になりやすい傾向があります。

血統の「パワー×スピード」が活躍するもの納得ですね。

切れ味のある馬に注目です。

チューリップ賞の払戻しと一番人気馬成績

払戻しを見ていきましょう。

そこまで大きく荒れるレースでは、なさそうです。

一番人気馬は近走5年、一度も馬券を外していません。

一番人気馬の信頼は高いですね。

一番人気馬から馬券を組み立てていくと、良いでしょう。

チューリップ賞の対策まとめ

近走5年データから見えてきた、対策をまとめます。

  • ディープインパクト系、ダイワメジャー系、ストームバード系、サドラーズウェルズ系の活躍が目立つ
  • 「パワー血統×スピード血統」が良い
  • 外枠が有利
  • 追込や差し馬といったキレる馬が活躍する
  • 一番人馬の信頼度は高い

チューリップ賞は3月6日。

今年はどんなドラマが待っているでしょうか!?

スポンサーリンク

-データ
-,

Copyright© マツダイケイバ! , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.