マツダイケイバ!

競馬初心者の方に競馬をもっと楽しむ競馬術をお届け!!

スポンサーリンク

楽しみ方

「まくり」があると競馬はもっとワクワクする!まくり競馬5選。

投稿日:

先日、こんなツイートをしました。

帝王賞で「松田ふざけるな!レース乱れただろ!」って言ってる人いるけど、僕には松田騎手が勝つために取ったイチかバチかの作戦に見えた。ルール破った訳でもなく、これが一発勝負の競馬。レースが乱れる事もスタート遅れる事も前が壁になる事も西日になる事もある。一発勝負何があるか分からない

Twitterより

2022年帝王賞。

松田大作騎手は、向う正面からグングン位置を上げていく「まくり」をした事へのツイート。

僕のツイートには、賛否両論、色んな意見が交わされました。

このまくりが良いのか悪いのかは、分かりません。

が、まくり競馬によって、見事な勝利を修めたレースは、いくつもあります。

そこでこの記事では「まくり競馬5選」をご紹介します。

まくり競馬1選目:2018年スワーヴリチャード大阪杯

お!っと驚くまくりを見せてくれたスワーヴリチャードとM.デムーロ。

ドバイで走ったり、ジャパンカップを制したりと国際的なレースでも好成績を残しているスワーヴリチャード。

初のGⅠ制覇、18年大阪杯では、お!っと驚くまくりでの勝利でした。

1番人気での出走、大阪杯

ペルシアンナイト、アルアイン、ダンビュライト、トリオンフ、ウインブライト…。

2018年の大阪杯は、4歳馬に強豪ぞろい。

そんな中、一番人気に推されたのはスワーヴリチャードだった。

大阪杯スタート。

スワーヴリチャードは18頭中15番目の位置と、かなり後方待機。

1000mの手前からグイグイと位置を上げまくりを見せていくスワーヴリチャード。

グーンとまくり、残り800mでは、もう横並びの先頭。

直線では先頭で逃げる格好。

衰え知らずの脚で、猛追してくる他馬を寄せ付けず先頭でゴール!

鞍上M.デムーロ騎手の好判断と好騎乗も光った。

まくりは馬の能力ももちろんだが、騎手の判断力と胆力も必須だと痛感した2018年大阪杯だった。

まくり競馬2選目:2017年キセキ菊花賞

大人気アイドルホースのキセキ。

(ちなみに筆者マツダイはアイドルホースってのが嫌いです。詳しくはこちら

2歳でデビューし、7歳という年齢まで第一線で走り続けたキセキ。

そんなキセキの菊花賞は、色んな意味で「荒れた」一戦でした。

台風ショック!ドロドロの菊花賞

2017年の菊花賞は、台風の影響もあり不良馬場。

ただでさえタフな菊花賞で、史上まれにみる最悪コンディションとなった。

キセキは1番人気。

スタートし、18頭中14番目と後方待機。

ドロドロで末脚が活き難い状態の馬場コンディション。

ここからイケるのか…。

しかし、キセキは3コーナー過ぎから徐々にまくり進出。

直線では大外で7番目辺りからグイグイ伸びる。

残り200m辺りでグンと伸びて先頭に並びかける。

残り100m辺りで先頭。

勢いそのまま2着に2馬身差をつける勝利となった。

ゴール後、鞍上のM.デムーロ騎手のドロドロの勝負服が、いかにタフな馬場コンディションだったかを物語っていた。

ドロドロで荒れていた馬場。

しかし、荒れていたのは馬場だけではない。

一番人気のキセキが勝利したが、2着には10番人気のクリンチャー、3着13番人気ポポカテペトル。

3連単は559,700円。

これは当時の菊花賞最高払い戻しを記録した

荒れた馬場に、荒れた結果…。

色んな意味で荒れた2017年菊花賞だった。

まくり競馬3選目:ディープインパクト2006天皇賞春

史上2頭目「無敗の三冠馬」

サンデーサイレンス最高傑作。

日本近代競馬の結晶…。

競馬ファンでなくても、名前は聞いた事がある1頭ディープインパクト。

直線では、走っているのではなく「飛んでいる」ようなキレッキレな末脚を見せていたディープインパクト。

そんなディープインパクトの天皇賞春は、意外にもまくりでの飛びだった。

飛ぶ位置が早かった天皇賞春

明け4歳での天皇賞春。

単勝オッズ1.1倍の圧倒的一番人気で臨んだ一戦。

スタートしていつもの後方待機。

17頭中14番目の位置を折合いをつけ走るディープインパクトと武豊。

このまま直線「飛ぶ」かと思われた、が!

3コーナー手前からグーーんと上がってくるのはディープインパクト

それまでの直線での飛びではなく、まくりでの飛び。

ぐーーんと伸びて直線入った時には、もう先頭!

そのまま「逃げる」格好になり、後続に3馬身半差をつけて勝利。

3コーナーまでがゆっくりしたけど、この馬ならと思って

と、まくり競馬を振り返る武豊。

インタビュアーの

今日は飛んだという表現でいいんですか?

という質問に

飛びましたねぇ。ちょっと飛ぶ位置が早かったですけどね(笑)

と答える武豊。

これ以上強い馬がいるのか

天才・武豊に、この一言を言わせるほどの名馬ディープインパクト。

天皇賞春での勝利は、いつもよりも早い位置で飛んだ「まくり競馬」だった。

まくり競馬4選目::2011年オルフェーヴル菊花賞

希代の暴れん坊にして三冠馬のオルフェーヴル。

そんな彼の3冠目菊花賞は、まくり競馬での勝利だった。

手応え十分、圧巻の三冠制覇

3冠制覇がかかった一戦、菊花賞。

道中は18頭中10番目辺りを、じっくり折り合いをつけて走る。

3コーナー過ぎ坂の下りから仕掛け、4角ではほぼ先頭に並ぶ3番手。

追うものはなし!

の、実況通り直線は独走。

オルフェーヴルと池添謙一は、見事三冠制覇を成し遂げた。

まくり競馬5選目:2008年オウケンブルースリ菊花賞

2008年の菊花賞馬オウケンブルースリ。

オウケンブルースリの菊花賞も、まくりのレースとして見応えのあるレースです。

オウケンブルースリは、それまでとは違う経歴を持ち菊花賞馬になりました。

デビューが遅かったオウケンブルースリ

オウケンブルースリがデビューしたのは、4月26日。2着。

クラシック第一冠「皐月賞」は4月20日。

オウケンブルースリは、皐月賞が終わって翌週のデビューだった。

初勝利を挙げたのはデビュー3戦目の6月8日。

勝利した時には、ダービーは終わっていた。

そこから、一気に力をつけたか、古馬相手の夏競馬で連勝

9月28日の神戸新聞杯に出走。

「夏の上がり馬」として注目もあり、皐月賞、ダービーどちらも未出走ながら2番人気

結果3着だったが、これで菊花賞への優先出走権を獲得した。

迎えた菊花賞

皐月賞3着、ダービー4着の弥生賞馬マイネルチャールズ。

スプリングSを勝ち、ダービー2着馬のスマイルジャック。

春のクラシックを沸かせた馬たちがたくさんいる中、一番人気は春のクラシック未出走のオウケンブルースリ。

菊花賞スタート。

オウケンブルースリは18頭中12番手と後方待機。

3コーナー手前で鞍上の手がゴンゴン動き、前へ前へと行く。

直線では大外の2番手辺り。

まくりの仕掛けながらも、グイグイ伸び、猛追してくるフローテーションを振り切り、1着でゴール。

鞍上・内田博幸騎手ガッツポーズ。

それもそのはず、内田騎手はこれが初めてのGⅠ勝利だった。

デビューから184日でのGⅠ制覇は、当時の最短記録。

春のクラシック未出走馬が、夏に力をつけ、秋にはクラシックを制覇…。

やっぱり競馬は面白いと思える、2008年菊花賞馬オウケンブルースリのまくり競馬だった。

まくり競馬はワクワクだ!

まくり競馬を5選、紹介しました。

早めの仕掛けまくり。

ペースやレース展開の読みと、騎手の判断力と胆力が試されるまくり。

レースを乱してしまうかもしれません。

予想から大きく違った展開になるかもしれません。

まくりをした馬や騎手を怒りたくなるかもしれません。

しかし、筆者マツダイは思うのです。

まくりがあると、競馬はもっとワクワクする!

と。

3コーナー手前からグイグイと位置が上がっていく馬を見ると、勝負に行った感じがして、ワクワクするのです。

今回ご紹介したレースでも、まくりをしている時に、歓声が上がっているレースがあります。

きっと、僕と同じようにワクワクした人がいたのでしょう。

レースやペースを乱すかもしれない、まくり。

でも、まくりがあるから、競馬はもっとワクワク出来るのです。

まくりがあると、レースとして競馬がもっと面白いものになると思っています。

非難もあるけど、ワクワクして面白いまくり。

アナタもお気に入りの「まくり競馬」を探してみては、いかがでしょうか。

スポンサーリンク

-楽しみ方
-,

Copyright© マツダイケイバ! , 2022 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.