マツダイケイバ!

競馬初心者の方に競馬をもっと楽しむ競馬術をお届け!!

スポンサーリンク

データ

クイーンカップの傾向と対策2021。近5走データを紐解く

投稿日:

2021年2月13日に開催されるクイーンカップ。

3歳牝馬限定のGⅢ。

牝馬のクラシック戦線を占う上で、重要な1戦です。

近5走から、データを紐解き、傾向を探りました。

また、傾向から見えてきた対策も書いています。

ぜひご覧下さい。

クイーンカップの血統傾向と対策

クイーンカップの近5走の「父、母父」を調べました。

まずは、1-3着馬の血統をご覧下さい。

クイーンカップでの推奨血統はこちら。

  • クロフネ系
  • ダイワメジャー系
  • サドラーズウェルズ系
  • ディープインパクト系

の、活躍が目立ちます。

良い脚を長く使える、パワーのあるタイプが活躍しやすい傾向です。

クロフネもダイワメジャー自身も、マイルで活躍した馬ですね。

サドラーズウェルズ系やディープインパクト系のパワーとスタミナを持ったタイプと掛け合わさる事で、より活躍できると考えられます。

特にクロフネ系の馬には、注目です。

クイーンカップの枠傾向

クイーンカップの枠の傾向をみていきます。

近5走のデータです。

外枠よりは、内枠の馬が活躍しやすい傾向です。

舞台は東京芝1600m。

開催も1回目で、どこもまだ、芝が良い状態。

ロスの少ない内が有利だと考えられます。

が、そこまで大きな差がある訳ではないので、枠はそこまで重視しなくても良い、と考えます。

クイーンカップの脚質とラップ傾向

クイーンカップの脚質とラップの傾向を、見ていきます。

まずは、脚質から。

先行馬の活躍と差しの馬の活躍が目立ちます。

追い込みタイプの馬は、割引きです。

年によって、ペースが全然違ってくるので、その影響で、活躍する脚質も変わってくると考えられます。

では、ラップをご覧ください。

前半の4Fに大きくタイム差があります。

前半4Fが一番速い18年には、逃げや先行の馬が、馬券に絡んでいます。

前半4Fが一番遅い19年には、後方から行った馬が、馬券に絡んでいますね。

ペースによって、有利な脚質が変わりますが、おおむね先行の馬が、活躍しやすい傾向です。

クイーンカップの一番人気成績と払戻し傾向

クイーンカップの一番人気成績と、払戻しです。

3連単が大きな払い戻しになりやすい傾向ですね。

一番人気の馬の成績は(3-0-0-2)。

1着か馬券外か極端ですね。

それでも、単勝は1000円を超えていないので、1桁台の人気サイドから馬券を構築していくのが良い、と考えます。

3着候補の馬選びがキーになりそうです。

クイーンカップの対策まとめ

では、対策をまとめます。

  • 良い脚を長く使えるタイプの血統に注目!
  • 特にクロフネは要チェック!
  • 外枠よりは内枠の馬が活躍しやすい
  • 先行が活躍しやすい傾向
  • 人気サイドの馬を絡めて馬券構築すると良い

さぁクイーンカップは2月14日。

バレンタインデーに競馬の神様から、勝ち馬券のプレゼントを貰いたい…!

今年はどんなドラマが待っているでしょうか!?

スポンサーリンク

-データ

Copyright© マツダイケイバ! , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.