マツダイケイバ!

競馬初心者の方に競馬をもっと楽しむ競馬術をお届け!!

スポンサーリンク

データ

富士sの傾向と対策。近10年を紐解く

投稿日:

2021年10月23日に開催される「富士s」。

マイルチャンピオンシップへ続く前哨戦です。

マイルチャンピオンシップだけでなく、香港や来年のマイル路線へと続くレース。

そんな、富士sの近10年データを調べ、傾向を探り、対策を考えました。

予想のヒントになれば幸いです。

富士sの血統傾向

まずは、血統の傾向を見ていきます。

近10年、富士sに出走した馬の「父、母父」の血統とその傾向を調べました。

特に活躍が目立つ系統は

  • ディープインパクト系(4-5-4-11)
  • サドラーズウェルズ系(2-0-1-6)
  • リファール系(1-1-4-6)
  • グレイソヴリン系(0-3-0-5)

です。

ディープインパクト系の活躍が特に目立ちます。

ディープインパクトに、どんな系統が組合わさっているのかが、注目ポイント。

上記の血統を内包している馬に、注目してみましょう。

富士sの枠傾向

富士s、近10年の枠別成績はこちら。

4枠、8枠の馬が活躍していますね。

1枠は不振。

内よりは外の方が、良さそうです。

富士sの脚質とラップ傾向

脚質とラップの傾向をみていきます。

まずは脚質から。

先行馬が活躍しています。

中団よりも前に位置するような馬が、好走する傾向です。

続いてラップの傾向を。

スローペースに落ち着きやすい傾向です。

ラップ面から見ても、中団や、やや前に位置する馬が活躍する傾向が当てはまります。

強烈な末脚を持った馬にも、目が離せません。

富士sの払戻しと一番人気成績

払戻しと一番人気成績を見ていきます。

まずは、払戻しから。

三連単が万馬券にならなかったのは、1回しかありません。

単勝も、やや高い傾向があります。

一番人気成績は(3-1-0-6)。

単勝回収率は100%を越えているものの、ちと不安がある傾向。

一番人気は少し疑いつつ、荒れる傾向にある事を意識すると良さそうです。

富士sの対策まとめ

では、対策をまとめます。

  • ディープインパクト系、サドラーズウェルズ系、リファール系、グレイソヴリン系が好走
  • 4枠と8枠が走る
  • 1枠は不振
  • 先行や中団より前辺りの馬が好走
  • 一番人気はちと不安

富士sは10月23日!

今年はどんなドラマが待っているでしょうか!?

スポンサーリンク

-データ
-, , ,

Copyright© マツダイケイバ! , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.