マツダイケイバ!

競馬初心者の方に競馬をもっと楽しむ競馬術をお届けします!

基礎知識

競馬場の特徴を紹介!競馬場を知れば収支はアップします!

更新日:

・競馬を始めたけど、競馬場の特徴が分からない…。

・競馬場の違いって何がポイントなのか分からない…。

競馬場の違いでお困りではありませんか?

以前の僕がそうでした。

競馬場ごとの違いを知らず、ただ出馬表を見る。
調子が良さそうだから、という理由で買って、惨敗…。
馬が走らなかった原因は、競馬場に対応出来ていなかった、という解説を聞いて、がっくりしたことがあります。

しかし!競馬場ごとの特徴を知ってからは、馬の能力と競馬場の特徴を照らし合わせ、馬券を構築できるようになり、的中が増えました。

結果、競馬がもっと楽しくなり、収支も増えました!

この記事では

記事内容
・競馬場の違いを知るための押さえるポイント

・競馬場ごとの違い

競馬場の特徴を知って、収支をアップさせましょう!
そして競馬をもっと楽しみましょう!

押さえるポイント

押さえたいポイントを表した画像

まずは競馬場の特徴において押さえるポイントをご紹介します。

競馬場の回り方

競馬は楕円状に作られています。
そして競走馬はその楕円を回って競馬をします。

この楕円には右回りと左回りがあります。
この右回りか左回りかは押さえておきたいポイントです。

競走馬に得手・不得手がある

競走馬も生き物なので、得手・不得手が出てきます。

右回りは得意だけど、左回りがイマイチ…。
右回りが苦手…左回りが得意!どっちも大丈夫!など
競走馬ごとに違いが出てきます

この特徴を知っておけば予想に役立ちます。

その馬の戦歴を見てみたら、周り方ごとの成績も書いてありますので、予想の際に大変役立ちますよ。

直線の長さと坂の有無

4コーナー曲がって最後の直線。
この直線に坂があるかどうかで結果が変わってきます。

押さえたいポイントは

・坂があるか、無いか

・坂の長さ

・坂の勾配

です。

坂があるコースでは長さや勾配などの競馬場ごとに特徴が違います。

人間でも坂を上るのって大変ですよね。
坂を上るスタミナとパワーって必要です。

これは競走馬も同じです。

直線に坂があるかどうか…。
長さや勾配によってパワーやスタミナが問われます

この直線の坂を、知っているか知らないかで、馬券の収支に大きく影響してきます

競馬場の押さえたいポイントの画像

競馬場ごとの特徴をざっくり紹介

ではポイントを踏まえながら、競馬場ごとの特徴をご紹介します。

この競馬場はJRAの競馬場10場です。

また

を参考にご紹介します。

東京競馬場

コース形態左回り
芝コース1周:2083.1m 直線525.9m 坂あり
ダートコース1周:1899m 直線501.6m 坂あり

日本最大級の競馬場です。

日本の主要レースはここ東京競馬場で行われます。

ゴール前の坂があり、ゴール手前から480m-260mの間に2.1mの勾配を上ります。

直線は525.9mあり、差し、追込が有利な面がありますが
それを見越してスローな展開になった時は逃げが残るケースもあります。

東京競馬場の攻略ポイント

・直線が長い!差し・追込が有利

・坂がキツい…。スタミナとパワーが問われるコース

東京競馬場のコース図はこちらをご覧ください。

中山競馬場

コース形態右回り
芝コース内回り1667m 外回り1840m
直線310m 坂あり
ダートコース1439m 直線308m

比較的コンパクトな競馬場です。

コンパクトながら、トリッキーなコース形状で、内枠有利な傾向が見られます。

直線は310mと短め。
しかし坂がメッチャ急!
ゴール手前220m-250m地点に上り坂があり、高低差は2.4m。
これは日本一の急坂です。

中山競馬場攻略のポイント

・内枠が有利!

・坂が急坂!パワーが問われるコース

中山競馬場のコース図はこちらをご覧ください。

京都競馬場

コース形態右回り
芝コース外回り1894m 直線404m 坂なし
内回り1783m 直線328m 坂なし
ダートコース1608m 直線329m

直線に坂はないですが、3コーナーにキツい坂があるのが特徴です。

直線に坂がない分、3コーナーの坂を攻略出来たら、直線はスピード勝負になりやすく、速い時計が出やすいコース

内回り、外回りで直線の長さが大きく違うので、予想の際は、しっかり回り方の確認をしましょう!

京都競馬場の攻略ポイント

・内回りは先行有利!

・外回りは差し。追込が有利!

・スピードタイプが有利な傾向

京都競馬場のコース図はこちらをご覧ください。

阪神競馬場

コース形態右回り
芝コース外回り2083m 直線473.6m 坂あり
内回り1689m 直線356.5m 坂あり
ダートコース1517.6m 直線352.5m

宝塚記念や桜花賞などが行われるコース。

勾配は中山に次ぐキツさで、中山よりも直線が長いのでよりスタミナとパワーが問われます。

またスパイラルカーブというカーブが採用されていて、コーナーのごちゃつきが少ないのも特徴。

阪神競馬場攻略のポイント

・スタミナとパワーが要求される。

・枠による有利・不利は少ないコース

阪神競馬場のコース図はこちらをご覧ください。

中京競馬場

コース形態左回り
芝コース1705.9m 直線412.5m 坂あり
ダートコース1530m 直線410.7m

直線が長く、坂もキツいコース。
プチ東京競馬場のようなイメージ。

コースの起伏が激しく、馬の自在性と柔軟性が問われるコースになっています。

長い直線、坂、起伏…。
どれをとってもタフなコースと言えるでしょう。
スタミナとパワーが必須の中京競馬場です。

中京競馬場攻略のポイント

・スタミナとパワーが必要

・1600m以上のレースでは先行が有利

中京競馬場のコース図はこちらをご覧ください。

福島競馬場

コース形態右回り
芝コース1600m 直線292m 坂少しあり
ダートコース1444.6m 直線295.7m

東北唯一のJRA競馬場です。

小回りでコンパクトな競馬場。

スパイラルカーブが採用されており、コーナーでスピードが落ちにくく、ごちゃつきも少ないのが特徴です。

福島競馬場攻略のポイント

・逃げ・先行が有利!

・跳びが小さい小型の馬や牝馬が有利な傾向

福島競馬場のコース図はこちらをご覧ください。

新潟競馬場

コース形態左回り
芝コース外回り2223m 直線659m 坂なし
内回り1623m 直線359m
ダートコース1472m 直線354m

日本最大の競馬場です。

特に直線が長い!
そして直線の坂がないため、スピードタイプの馬が有利です。

枠による有利・不利は少ないのも特徴です。

日本で唯一の直線だけのレースがあります。
1000mの直線を駆け抜ける馬の姿は見ごたえありますよ!

新潟競馬場攻略のポイント

・スピードタイプの馬が有利!

・枠による有利・不利は少ない

新潟競馬場のコース図はこちらをご覧ください。

札幌競馬場

コース形態右回り
芝コース1640.9m 直線266.1m 洋芝 坂なし
ダートコース1487m 264m

直線が短く、円形に近い特徴があります。

最大の特徴は洋芝
洋芝は長くて深いためパワーが必要とされます。

この洋芝コースで行われるGⅡ札幌記念には、秋に洋芝の海外遠征を狙う有力馬が出走することもあり、夏のGⅠと呼ばれることもあります。

札幌競馬場攻略のポイント

・パワーが必要な芝コース

・コーナーがキツいので、外を回る馬は不利な傾向

札幌競馬場のコース図はこちらをご覧ください。

函館競馬場

コース形態右回り
芝コース1627m 直線262m 洋芝 坂なし
ダートコース1476m 直線260m

函館競馬場も札幌競馬場と同じく洋芝です。
パワーが必要とされるコースですね。

また直線が一番短い262m。
一瞬のキレが問われるコース。
馬のキレ、またジョッキーの勝負勘が問われます。

・洋芝コース!パワーが必要

・直線が短い!馬のキレが重要

函館競馬場のコース図はこちらをご覧ください。

小倉競馬場

コース形態右回り
芝コース1615m 直線293m 坂なし
ダートコース1445m 直線291m 坂なし

九州唯一のJRA競馬場です。

小周りで直線が短く、直線の坂がありません。
なので先行馬が有利な傾向にあります。

また夏場や冬場には、関西のトップジョッキーたちが、参戦してくる競馬場でもあります。

小倉競馬場攻略のポイント

・先行馬が有利!

・スピードタイプの馬が活躍する傾向

まとめ

ざっくりと競馬場の特徴をご紹介しました。

競馬場ごとにそれぞれ特徴があって面白いですよね。
特徴をしっかり押さえられたら収支アップに繋がります。

競馬場の特徴を押さえ、収支をアップさせましょう!
そして競馬をもっと楽しみましょう!

この記事を書くにあたって参考させてもらった本はこちらです!

競馬の基本がみっちり詰まっているので、大変勉強になります!
特に競馬を始めたばかりの方は必読必至です。

-基礎知識

Copyright© マツダイケイバ! , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.