マツダイケイバ!

競馬初心者の方に競馬をもっと楽しむ競馬術をお届け!!

未分類

負けた…。悔しい負けを活かす方法!ポイントは、たった3つ。

更新日:

負けの活かし方が分からない

どうしたら勝てるようになる?

競馬に負けたら悔しいですよね。

負けたレースは、観たくない。

負けた事実を受け入れたくない。

そのお気持ち、よくわかります。

僕もそうでした!

以前、僕も、負けたら相当悔しかったです。

悔しくて、負けた事から目を背け、無かったことに

しかし、全然勝てなくて、競馬が嫌になった事があります。

そんな僕が「負けを活かす方法」を考え、実践すると、少しずつ勝てるようになりました。

そして、プラス収支で終われる日が、増えていったのです!

悔しい負けを、どうやって活かしたか…。

この記事では「負けを活かす方法」を書いています。

実際に僕が、実践している方法です。

負けを活かすことが出来ると、少しづつ勝てるようになります。

さぁ!あなたも、負けを活かす方法を学んで、プラス収支を勝ち獲りましょう!

負けを受け入れる

負けたイメージ画像

まずは、負けを受け入れましょう。

負けると悔しいです。

その悔しさをバネに次のステップへ進みましょう。

競馬は負けが多いと受け入れる

競馬はだいたい負けます。

例えば、3連単

日本の競馬では、ひとつのレースで走れる馬の頭数は、18頭。

18頭の3連単は4896通りあります。

的中は、たったひとつ。

1/4896です。

競馬は、だいたい負けます。

負けることは、恥ずかしい事ではないです。

負けを次への力に変えましょう。

負けから逃げたら「負け」

負けたら悔しいです。

が、負けを受け止めず、目を背けると、負けは負けのまま。

負けを認めて、受け入れる事で、負けを活かせます。

悔しいですが、負けを認めて、次のステップへ進みましょう!

回顧する

振り返るイメージ画像

負けを認めること、受け入れることが出来たら、次は「回顧」をしましょう。

回顧をすることで、競馬を見通せる「競馬ヂカラ」がつきます。

回顧とは

回顧とは、レースを振り返る事です。

負けたレースを振り返る事で、新たな発見があります。

回顧で得た発見は、学び。

回顧をすると、競馬が学べます。

負けを受け入れ、回顧することで、学びを得られるのです。

回顧の方法

競馬の学びを得られる「回顧」。

回顧のやり方は、「5回観る」です。

レースを5回観て、学びを得ましょう!

「なぜ」を突き詰める

なぜのイメージ画像

負けを受け入れ、回顧する…。

これでも十分、負けを活きてきます。

が、もっと負けを活かす方法があります!

「なぜ」を突き詰める、です。

引っ掛かりを見つける

「なぜ」を突き詰めるには、「引っ掛かり」を見つけましょう。

回顧をしていると、どこかで

あれ?これどうなっているんだ…?

と、引っ掛かりが出てきます。

引っ掛かりを詳しくみていく事で、「なぜ」の追求が出来ます。

引っ掛かりを調べる

引っ掛かりを見つけたら、調べてみましょう。

Google検索でOK!

引っ掛かった状況を、ググってみると、何となく答えが見えてきます。

SNSも良い手段

Twitterのイメージ画像

引っ掛かりを調べるには、SNSも有効です。

特にTwitterには、競馬に詳しい方が、たくさんいらっしゃいます。

競馬ファンのツイートを見ていくと、引っ掛かりの答えが見つかる事も!

また、自ら

このレースの、この現象って何?

と、疑問を投げてみるのも、良いです。

Twitterは、僕もやっています。

僕でよかったら、疑問にお答します。

分からなかったら、フォロワーさんに投げる事でしょう(笑)

よかったらフォローして下さい!

負けは勝ちへの布石だ!!

布石のイメージ画像

負けを活かす方法をご紹介しました。

・負けを受け入れる

・回顧をする

・「なぜ」を突き詰める

負けたら、悔しいです。

悔しいからこそ、負けを上手に活かしましょう!

負けを活かした先には、「勝ち」が待っています。

負けは勝ちへの布石。

負けても大丈夫!

きっと次に活かせます!

負けを活かして、未来の勝ち馬券を獲りましょう!!

-未分類

Copyright© マツダイケイバ! , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.