マツダイケイバ!

競馬初心者の方に競馬をもっと楽しむ競馬術をお届け!!

スポンサーリンク

馬券術

予算は楽しい範囲!初心者だから楽しい予算で馬券上手になる考え方

投稿日:

競馬の予算をいくらにしたら、いいか分からない…。

みんな、どれくらいの予算なの?

競馬の予算について、お悩みではありませんか?

競馬を始めたての初心者だと、妥当な予算が分かりませんよね。

とりあえず買いたくなって、予算を決めず買ってしまって、気が付いたら大きく負けている…。

僕もそうでした!

僕も初心者の頃は、予算で悩んでいました。

まぁいいか、と予算を決めずに買ってしまい、大きな損をした事があります

そんな僕が、色々と試行錯誤した結果、妥当な予算を決める事が出来るようになりました。

そして、コンスタントに勝てるようになったのです。

結論から申し上げると、予算は「楽しめる範囲」でOKです

初心者だからこそ、楽しめる範囲で購入しましょう。

この記事では

記事内容
・楽しめる範囲で購入する理由

・予算のやりくり方法

・予算が少ない事のメリット・デメリット

などを書いています。

初心者こそ、しっかりと予算を決めて、競馬を楽しみましょう。

予算を決める事で、勝ちが近づきますよ。

競馬初心者こそ、予算は「楽しめる範囲」にする

予算は「楽しめる範囲」にしましょう。

理由は、経済状況と環境が人それぞれ違うからです。

僕は、独身で、割と自由にお金を使えます。

しかし、家庭を持っている方だと、どうしても、使えるお金が制限されるでしょう。

経済状況や環境によって、予算に妥当な額は、人それぞれ変わってきます。

なので、額のご提案をするよりも、「考え方」の提案をします。

競馬初心者こそ、負けても楽しいと思える額を、予算にすると良いです。

「予算が多いから勝てる」訳ではない

馬券勝負は、予算が多いから勝てる、という訳ではありません。

予算が多いと、たくさん馬券を買えます。

たくさん買えると、当たる可能性も大きくなるでしょう。

が、当たったからと言って勝てるか、というと違います。

10万円当たっても、10万100円買っていたら、100円の負けです。

馬券勝負では、予算を「どう使う」かが、勝敗のカギを握ります。

少ない予算でも、しっかりと運用していけば、勝てるのです。

なので、無理して生活を苦しめるほどの予算を、確保する必要がありません。

初心者こそ、予算は「楽しめる範囲」にしましょう。

初心者こそ「予算のやりくり」を考えよう

少ない予算でも、しっかりと活用していけば、競馬は勝てます。

馬券勝負は、ビジネスです

自分が持っている予算を、どう使うかで、勝ち負けが決まります。

少ない予算で、いかに最大のパフォーマンスを生み出せるか…。

予算を上手に活用できる人が勝てる、馬券勝負はビジネスと同じなのです。

初心者にオススメ!予算やりくりの考え方

持っている予算を、いかに最大限にするか…。

馬券勝負では、予算の使い方がとても大事です。

初心者のあなたにオススメの「予算のやりくり」の考え方を、2つ提案します。

予算のやりくり考え方
・自信のあるレースだけ買う

・買う券種を絞る

です。

初心者にオススメの予算やりくり:自信のあるレースだけ買う

初心者だと、ついたくさんのレースを、買ってしまいがちです。

たくさん勝った方が、当たる可能性が増えますもんね。

しかし、持っている予算で、たくさんのレースを、買えますか?

買ったところで、勝てますか?

予算を上手に活用するためには、自信のあるレースだけ買うのがオススメです

予想をしていると

んー。このレースは、分からんなぁ…。

このレースは、何かイケそうな気がする…!

など、手ごたえや自信の有無を感じるでしょう。

購入するレースは、自信のあるレースだけにすると、そのレースに予算を厚めに投入できます。

伸びそうなところに、予算を投入するのは、ビジネスでも同じですよね

馬券勝負はビジネス。

自信のあるレースだけ勝負する事で、勝てる可能性がグッと高まります

競馬初心者こそ、自信のあるレースだけ購入しましょう。

初心者にオススメの予算やりくり:買う券種を絞る

あなたは、券種を絞って買えていますか?

競馬初心者だと、つい、あの券種この券種と、1レースに何種もの券種を買いがちです。

当てたいですもんね。

しかし、買う券種を増やすと、1点あたりの購入額は少なくなります。

当たっても、戻りが少なく、結局マイナス…なんて事もあるでしょう。

予算を最大限に活用するために、初心者こそ、買う券種を絞りましょう

多くても2種類の券種にすると良いです。

券種を絞っていくと、自信のある馬だけの購入になります。

余計に買って、外れるリスクを減らす事も出来ます。

予算を最大限にするために、初心者こそ、買う券種を絞りましょう。

予算が少ないデメリットとメリット

競馬初心者の予算は、「楽しめる範囲」にしましょう。

オススメの予算やりくりも紹介しました。

しかし、楽しめるの範囲の予算だと、どうしても

結構少ない…。

と、感じるでしょう。

大丈夫です。

予算が少なくても、たくさんのメリットがあるのです。

まずは、デメリットから紹介します。

予算が少ないデメリット:取りこぼしがある

予算が少ないデメリットは、取りこぼしがあるという事です。

予算が少ないと、どうしても購入する点数が少なくなります。

点数が少ないと、取りこぼしも出てきます。

取りこぼすデメリットの対策は、あえて「狭く厚くを考える」です。

狭く厚く買うとその分、的中した時のリターンが大きくなります

「広く薄く」買うよりも、リターンが望めるのです。

一番よくないのが、予算が少ないのに、広く薄く買ってしまう事

的中してもマイナスになる可能性が高まるからです。

予算が少ないデメリットは取りこぼす事です。

対策として、狭く厚く買うリターンを考えて、少ない予算を活用していきましょう。

予算が少ないメリット

予算が少なくても、メリットがあります。

初心者には、メリットの方が大きいです。

予算が少ないメリットは

・精神的なダメージが少ない

・馬券上手になる

です。

予算が少ないメリット:精神的ダメージが少ない

予算が少ないと、精神的ダメージが少なく済みます。

大金を負ける可能性がないからです。

初心者だと、どうしても馬券に夢を見ます。

「大きく買って勝つ」事をしたくなります。

生活を切り詰めて予算を捻出して、大勝負に出ても、初心者だと、そうウマくはいきません。

大きく負けた時のショックは、本当に重たいです…。

初心者だと、ショックで競馬を辞めてしまう事もあるでしょう。

もったいない!

競馬の楽しさは、これからもっと感じるのに…。

予算を楽しめる範囲にしておくと、大ショックに見舞われずに済みます。

予算が少ないメリットは、精神的ダメージが少ない事です。

予算が少ないメリット:馬券上手になる

予算が少ないと、馬券上手になれます。

予算が少ないと、やりくり上手になるからです。

家計でもビジネスでも、ある予算を上手に使える人は、腕のある人ですよね。

馬券勝負も同じです。

大金を稼ぐ人も凄いですが、少ない予算でも、勝ちを積み上げる事が出来る人は、相当な腕前です。

予算が少ないと、やりくりを考えるようになります。

長い目で観ると、馬券上手になれるのです。

「楽しめる範囲」が分からない方へ。「予算の決め方」考え方提案

競馬初心者の予算は「楽しめる範囲」にしましょう。

しかし、なかには

楽しめる範囲が分からない…。

という方もいらっしゃるでしょう。

楽しめる範囲が分からない方に、予算の決め方の考え方を提案します。

・月いくら使えるか見える化する

・1レースの掛け金から考える/strong>

です。

月いくら使えるか見える化する

予算が決めづらい方は、月いくら使えるかを、見える化してみましょう。

月のお小遣いから、必要な額を差し引いていき、馬券にいくら使えるのか…。

頭で考えても、なかなか考えにくいので、紙やウェブ媒体に書いて「見える化」していきましょう。

自ずと、馬券に使える額が見えてきます。

1レースの掛け金から考える

予算を、細分化していくと、「1レースあたり」になっていきます。

1レース、1日、1週間、1か月…。

1レースの予算から考えていくと、月の予算が見えてきます。

多ければ、お小遣いと相談しながら調整すると、予算が決まっていくでしょう。

1レースの掛け金から、予算を考えていくのも方法です。

初心者こそ、楽しめる範囲の予算で、目いっぱい楽しもう!

競馬の予算は、楽しめる範囲にしましょう。

予算が決まると、予算内でのやりくりになります。

どのレースを選び、どの馬を信じ、どう馬券を買っていくか…。

決まった予算を、どう使っていくかで、競馬はもっと楽しくなります

考える事も、競馬の楽しさです。

いっぱい頭を使って、いっぱい考える事で、競馬がどんどん楽しくなります。

初心者でも、予算が決まると、目いっぱい競馬を楽しめるのです。

あなたも、楽しい範囲の予算で、目いっぱい競馬を楽しみましょう!

スポンサーリンク

-馬券術

Copyright© マツダイケイバ! , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.